蕎麦ができあがりました!

2021年3月15日

 

 

本日、待ちに待った「蒜山そば(仮)」が届きました!!
加工場に蒜山耕藝の玄ソバを送ってからずっと楽しみにしていました。

 

実は僕は大の乾麺好き。
特に蕎麦は生の蕎麦も大好きですが、それとは別の食べ物として乾蕎麦が大好物なのです。
時間が無い時、一人の時、さっと茹でてゴマ油やオリーブオイルと醤油と和えて、パスタのように和え蕎麦で食べるのです。

 

 

早速、夕ご飯にいただいてみました。
こちらも初物になる土居分小菜のお浸しをトッピングしてゴマ油と醤油を和えて。
食べてみてびっくり。
十割だしボソボソしてるかなと思っていたのですが、そんなことは全くなくつるつる。コシもある。
今まで食べていた市販の乾蕎麦とはちょっと違います。
これなら麺つゆでざる蕎麦として食べても美味しそうです。

 

この十割乾蕎麦のもうひとつの魅力は蕎麦湯も美味しく頂けること。
蕎麦が美味しいのでいくらでも食べれてしまいそうだけど、蕎麦湯にちょっと醤油を垂らして飲むと満腹中枢も刺激されて満たされます。
乾蕎麦、最高です。

 

今回は試作だったので少量仕込みだったのですが、残してある玄ソバは全て乾蕎麦にすること決定です。
蒜山耕藝の加工品のラインナップに新たな仲間が加わりました!

 

実はこちらの加工場を教えてくださったのは元AMECOYAの上田さん。
ここ旧中和村に移住して現在「年月」という新しいお店を準備されています。
早く上田家のみなさんにも食べてもらいたい!
そして感想や食べ方などを研究したら販売を開始しようと思います。

 

蕎麦好きの方、楽しみにお待ちくださいね!

 

 

 

高谷裕治

 

 

 

 




蒜山耕藝の商品【お取り扱い店舗様】 2020年5月現在
3月のお知らせあれこれ。
2014年新米について
改めまして「くど」ってどんなところ?