お米のご質問あれこれ

2018年10月9日DSC01548

 

新米の発売と同時にたくさんの方にご注文をいただき、本当にありがとうございます!
もうすぐ乾燥をお願いしていた施設から新米を手元へ納品する予定です。
お届けまであともう少しだけお待ちください。私たちも早く新米が食べたい!
(蒜山耕藝の新米はこちらからご購入いただけます。→ This!

 

そしてご質問をいただく機会も増えましたので、HPでもいくつかご紹介できればと思いました。

 

●年間購入のお米のご登録について
現在はご登録がいっぱいのため、新たな受付は行っておりません。
来年、再来年と空きが出ましたらご案内できればと思っております。
(今年は去年ご登録のみなさま全員にご継続いただき、新たな枠がありませんでした。)
冷蔵庫のスペースに限りがあるため、ご登録の人数を増やすことが難しい状況です。

 

●お米のお取り置きについて
上記と同様、冷蔵スペースに限りがあるため、お取り置きについては承ることができません。
ご自宅で保存可能な量のご注文をお願いいたします。

 

●いつまで販売できますか?
まだまだ在庫はあるのですが、今後のご注文の量によって変わってしまうためはっきりといつまでとお約束できず申し訳ありません。
気温が20度を超えてしまうと常温保存ができないため、どんなに遅くとも春までの完売を目指しています。

 

●お米の長期保存について
白米は劣化が早いため、長期保存については玄米をお勧めします。
理想は冷蔵庫での保存ですが、現代の家屋ではなかなか難しいのも現実です。
無酸素状態にすることも有効なようです。
「米 長期保存 袋」などで検索していただくと保存用の袋がいろいろ出てきますので、参考にしていただけたらと思います。

 

●配達の日時指定はできますか?
ご注文いただいた順の発送を心がけているため、基本的にはお受けしておりません。
お時間帯については指定できますので備考欄にお書き添えいただければと思います。
どうしてもな状況のときはどうぞお気軽にご相談ください。できる限りご対応致します。
尚、配送業者さんはヤマト運輸さんです。

 

●もち米の販売はいつですか?
全体の収量がわかりましたので、もうまもなく販売を開始致します!

 

●まとめ買いについて
何kgお求めいただいても送料は一律でお送り致します。
大きさや重さの増加で値上がりした送料の不足分は弊社で負担致します。

DSC01528

 

やっぱりお米っておもしろいな〜と思うのは、栽培はもちろん、日本の社会のいろいろな状態を映し出す存在だと思うのです。
昔から石高や年貢、お金として換算されていたことや、こうした保存の悩みも現代の家の問題や、都市部と農村が離れてしまっていること、ライフスタイルそのものに問題提起しているような。

 

昔のようにみんなが蔵付きの家に住むのは難しい。
そうなるとお米を美味しく保存するのも難しい。
きっとその周りにも様々な変化や問題があって、そこを見つめ直すと今のこの社会で何を大切にしたいのかが見えてくるような、そんな気がします。

 

高谷絵里香

 

 

 

 

 

 




IMG_0459
いよいよ明日になりました!藝の食卓、はじまります。
IMG_9241
3月29日(日)『とっとり春のパンまつり@神社』に出店します!
IMG_3299
今年の米
IMG_7690
圧倒的な稲を見てきました。