蒜山耕藝の商品【お取り扱い店舗】 2020年7月現在

DSC01346

 

 

 

<群馬県>
●サンデールーム KURA
https://sundayroom.net/aboutkura/
自然栽培の農作物やきちんと造られた調味料など、クオリティの高いたくさんの貴重な食材を揃えてくださっています。
私たちの商品も醤油や麦湯、黄粉等たくさんお取り扱いいただいています。

 

 

<茨城県>
●ポム・ド・テール
https://tanemakuto.me/
宅配と卸販売をメインに自然農業の野菜を販売されています。野菜に対する愛情と理解の深さはピカイチ。真摯な姿勢にいつも励まされています。ケのしょうゆをお取り扱いいただけることになりました。

 

 

<東京>
●カモシカ
https://shop.okaz-design.jp/
中和と東京のかけはし、大好きなオカズデザインのふたりが運営するショップです。
実店舗では醤油や味噌などお取り扱いいただいています。
オンラインショップを最近オープンされました。必見です。

●siki
https://www.glocalhorse.com/shopping/
誠実に選ばれた食材や日用品を集めてくださっています。都会に暮らしながら旬を感じることのできる大切な場だと感じます。
醤油や味噌、麦湯などたくさんお取り扱いいただいています。

 

 

<神奈川県>
●PONPON PANTRY
https://www.facebook.com/POMPON-PANTRY-140720553279183/
みんなが幸せになれる美味しいケーキをつくられているPONPON CAKESさんが、心からおすすめできる食材などを集めたセレクトショップ。食材は量り売りで販売されています。私たちの味噌をお取り扱いいただいています。

●ON THE DISH
https://on-the-dish.shop
美味しいパンを軸に、暮らし全体を豊かにする食やものを紹介されています。
現在実店舗のパン屋さんはお休みされているのですが、オンラインショップで以前から愛用くださっていた私たちの醤油や味噌、もなかの皮を並べてくださっています。

 

 

New!<京都府>
●花辺
http://www.hanabekyoto.com/
京都に新しく生まれた美しき空間。きっとこれからの時代のオアシスになるだろう場所です。
東棟に花辺喫茶部、西棟に香りのお店makaが入っています。
蒜山耕藝の加工品もあれこれたくさんお取り扱いいただいています。

 

 

New!<鳥取県 / 島根県>
●今井書店 青杏+ (米子市錦町店 / 松江市グループセンター店)
https://www.imaibooks.co.jp/seian/
「流行に流されすぎない丁寧な暮らし」をコンセプトにかかげたライフスタイルショップ。
大きな本屋さんの中にある信頼感バツグンな雑貨屋さんです。
蒜山耕藝の麦湯、蒜山みそ、ケのしょうゆをお取り扱いいただいています。

 

 

<岡山県>
●viorto!
https://viorto.com/
岡山市内の「五感を研ぎ澄ます」料理教室。家庭料理を軸に暮らし全般を深く学ぶことができる貴重なスタジオ。
蒜山耕藝のスタート時からずっと応援してくれている(私たちも応援している)盟友のような存在です。
現在蒜山耕藝の野菜を手にとっていただけるのはviorto!だけ。蒜山みそや素米もお取り扱いいただいています。

●ハロウ
http://howlow-organic.com/
いつもお世話になっているオーガニックなヘア・アイサロン。「美しさは健康な心と身体から」という思いで、ヘアデザインだけで使うアイテムだけでなく、食材や日用品も取り扱いされています。
私たちの新製品「素米」を扱ってくださっています。

●スロウカーヴ
https://www.wineshopslowcave.com/
自然派ワインに特化されたワインショップ。いつ伺ってもその時の気分に合った最高に美味しいワインをご紹介していただけます。ワインのお供として「素米」をお取り扱いいただいています。

 

 

<広島県>
●1207(イチニーマルナナ)
https://www.1207spoonfork.com
カフェの姉妹店として食材店をオープンされました。ご自身が心からおすすめできるものを厳選されています。
小さなお店だからできることをとの思いで、ケのしょうゆをお取り扱いいただいています。

 

 

もちろん蒜山耕藝のオンラインショップでも販売しております。
こちらもぜひ覗いてみてくださいね。

 

 




IMG_0905
積み重ねること
DSC00268
種市に参加します!2月3日(土)4日(日)
DSC00026
2018年もち米も販売を開始します!
IMG_7893
2014年新米について