2021年、お米の販売について

2021年10月19日

 

今年も無事に稲刈りを終え、乾燥調整作業も順調に進んでいます。
先日「小さな農民の会」で新米を販売し、おかげさまで金時は完売、ササニシキも残りわずかな在庫となりました。
お客様にも1週間の間にゆっくりとお買い物していただくことができ、私たちもオンラインショップを活用することでなるべく無理の出ない働き方ができたと思います。
私たちのような小さな農家では、やはり会員制というスタイルはとても相性が良いことを実感しています。

本当に少ない在庫となってしまったのですが、明日20日(水)10時よりこちらのオンラインショップにてササニシキを販売致します。【10月20日追記:ササニシキは完売となりました】
在庫の少なさもあり、今回は玄米のみでの販売となります。
会員の方以外でもお待ちいただいている方からお問い合わせをいただき、十分にご用意することができず本当に申し訳ないのですが、これが私たちの限界だと思っています。

 

 

 

亀の尾、亀治の販売についてはまた「小さな農民の会」の販売が終了した後にお知らせできればと思っております。
こちらも会の中で完売となってしまう可能性もございます。ご了承ください。

 

 

今年もどのお米もやっぱりとても美味しくて、来年の作付けに頭を悩ませてしまいます。
できれば品種を絞った方が全ての工程がスムーズになるためです。
播種、田植え、稲刈り、乾燥・調整などなど、品種を変えるごとに農機具の掃除が必要だったり、神経を使います。

 

 

もうすぐ始まる冬の間にじっくり考えていこうと思っています。

 

 

高谷絵里香

 

 

 

 

 

 




いぶりがっこ
素の美味しさ
翏のおかゆ / 5月3日(祝・火)
連載「出張くど」2。坂野友紀さんのカトラリーと器。